お知らせ

代表者ご挨拶

この事業を立ち上げようと思ったきっかけは、私の知り合いが糖尿病の合併症で目が見えなくなってしまったことでした。彼はとても活発な人で自分で事業を立ち上げている社長さんでした。まさか自分がそんな病気にかかるなんて、まさか目が見えなくなるなんて…と感じたと思います。暫くは塞ぎ込んでいましたが程なくして前向きになれてこの同行援護のサービスを受け始めたのですが、そこで気が付いたと言います。なぜこんなに待たなければならないのか?なぜこんなに時間を充分に与えられないのか?なぜボランティアなのか?なぜガイドヘルパーに若い人が少ないのか?と…なぜ!なぜ?不満に感じることは沢山あったのです。ならば!その不満を解消するべく構想は無限にあり、自分と同じ様に感じている視覚障がい者は沢山いるのではないかと考えたからなのです。
 そこからまず私自身が同行援護の資格を取りました。この仕事の大切さ、この仕事のやり甲斐、この仕事のこれから先のビジョンや方向性をイメージ出来ました。
 私はこの仕事を多くの人に知ってもらいたいのです。視覚障がいの方は『目が見えないだけ』なんです。ただそれだけの違いで多くのことが制限されてしまうのです。見えなくても感じることができます。多くの情報は耳で聴いています。その才能は未知数です。だから行きたい場所、やりたいことを制限しないで欲しいのです。そんな思いでこの事業を立ち上げました。
大きなことは出来ないかもしれませんが、最初の一歩を踏み出そうと思いました。

代表 溝部奈緒美

もっと気軽に外出したい。

私たちは、病気やケガで後天的に視力を失った方、ロービジョンの方、生まれつき目の不自由な方の外出の支援をさせていただきます。

ハートアイズは横浜で初の同行援護に特化した事業所です。

病院や役所での手続き、代読、代筆、冠婚葬祭、スポーツや文化活動、ショッピング、旅行など様々な行きたい場所への対応を同行援護専門のガイドヘルパーが安心、安全を第一に心を込めてサポートします。

ハートアイズのガイドヘルパーは、30代から50代前半の女性が中心に活躍しています。

PAGE TOP
MENU